秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【CoD BOCW】「R1 Shadowhunter Crossbow」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Black Ops Cold War」に登場する武器「R1 Shadowhunter Crossbow」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20210328153226j:plain

 

 

◆R1 Shadowhunter Crossbowの使用感

敵がクロスボウを使っているからと侮ってかかると、痛い目を見るほど、意外と取り回しが良く強力。突砂プレイヤーが握れば無類の強さを発揮する。

ただし、SR以上に正確なエイムが求められる上、リロード時間が取られるので連戦ができない。ゲームルールやマップによっては使える場面もあるが、他のサブ武器たちと肩を並べるほどの汎用的な性能は持っていない。

SRプレイヤーではないなら、「思ったよりは強いネタ武器」として考えるのが最も適切だろう。

 

この武器は非常にピーキーな武器で、強い点と弱い点がそれぞれ6つと極端に分かれている。

 

強い点の6つとしては以下だ。

1つ目は威力の高さ。どれだけ離れていても、どこを撃っても、当てさえすれば必ず1発で倒すことができる。敵より後から撃ち始めても、問答無用で敵をなぎ倒せる。

2つ目はエイム速度の速さ。デフォルトのSMGレベルに早いため、即座に敵にエイムを合わせやすい。

3つ目はアイアンサイトの見やすさ。サイトアタッチメント無しでも周囲が一望できるため狙いやすい。

f:id:AkiyoshiBlog:20210328153332j:plain

視界が非常に開けていて見やすい


4つ目は腰撃ち精度の高さ。レティクルの真ん中通りに矢が飛ぶ為、ちゃんと中央に敵を捉えればその通りに真っ直ぐ飛んでくれる。遭遇戦にも対応しやすい。

f:id:AkiyoshiBlog:20210328154246j:plain

赤く囲った場所がレティクル。この中央の点の通りに弾が飛んでくれるため、腰撃ち精度が非常に高い

 

5つ目は高性能サプレッサーの標準装着。ミニマップに赤点表示されないどころか、銃の場合には見えてしまう銃の軌道も一切表示されないので、背後から撃ったらまずバレない。裏取りも非常に簡単にできる。

6つ目は弾の無限回収。矢が刺さった敵の側を通れば、矢を自動回収する。そのまま再利用できるので、弾が尽きる心配が無い。

このように非常に取り回しの良い武器なので、「ちゃんと当てさえすれば」、正面戦闘でも裏取りでも、近中遠全部の距離を相手に戦える武器になる。

 

これだけ聞くと超強力だが、その反動として、6つもの弱点が存在する。

1つ目は弾速の遅さ。目で弾道が追えるほどに遅く、15m以上の距離を狙う場合は偏差撃ちが必要になる。

f:id:AkiyoshiBlog:20210328161546j:plain

画像左の位置で引き金を引いても、横移動する敵の背後を矢が通過してしまう

2つ目は特徴的な弾の軌道。緩やかな放物線を描いて飛ぶため、狙う敵の位置に合わせて少し上向きに撃つ必要がある。

3つ目はリロードの遅さと頻度。1発撃つたびにリロードが必要で、その速度は約2秒と非常に遅い。正面戦闘では「外したら負け」といえる。

4つ目は改良の幅の無さ。この武器には、サイト以外に装着できるアタッチメントが無い。矢の種類を変えたり、エイム速度やリロード速度を上げたり、といった改善を施すことができない。

5つ目は移動速度の遅さ。ARレベルの移動速度になってしまうため、SMGのように素早く動き回って敵を翻弄する、といった戦いは難しい。

6つ目はトロフィーシステムによる妨害。何故か分からないが、矢は投擲物としてカウントされるらしく、トロフィーシステムが置いてある側で撃つと妨害されてしまう。

 

上記のデメリットを克服できるエイム力や立ち回り力を持っている、というのであれば、サブ武器として使ってみても良いだろう。

 

◆R1 Shadowhunter Crossbowを使った立ち回り

ここは自分のプレイスキルと相談になる。

 

どの距離でも当てれば1発なので、初弾を当てることのできる腕前を持つのであれば、この武器片手に突撃でも裏どりでも何でもできる。突砂が得意なプレイヤーであれば、SRのサブ武器として入れておくのも一考だろう。

 

「的確に当てる自信がない」というプレイヤーは、以下の2場面で主に使うようにしよう。

一つは、「このポイントを抜かれると面倒だな」といった場面でこの武器を持ち、頭出しで敵を迎撃する方法だ。取り回しの良さを活かし、敵の姿を捕らえた瞬間にすぐエイムを合わせることができるし、たとえ攻撃を外したとしても、すぐに物陰に隠れて体制を整えることができる。

 

f:id:AkiyoshiBlog:20210328160704j:plain

ドミネのB拠点付近や、ハードポイントの拠点前などで敵を見張っておくと効果的だ

 

もう一つは、サプレッサー無しの武器を使用する場合の裏どりだ。SGでは届かないような距離の敵も倒せるうえ、たとえ外しても、デフォルトでサプレッサー効果を持っているため敵にバレにくい。敵と鉢合わせても、ちゃんとレティクルを合わせて引き金を引けば、SGの要領で敵を倒すことができる。

f:id:AkiyoshiBlog:20210328161029j:plain

敵の裏を突くように戦えば、ワンショットで倒せる点、サプレッサー効果がある点により非常に強力だ

 

◆R1 Shadowhunter Crossbowの解放方法

この武器は初めから使うことはできない。アタッチメント無しの武器を使用してワンショットキル3連続を、異なる15マッチで達成する必要がある。

 

この武器の解放には、ハードコアモードを使うのがオススメ。

どの武器でも基本的に「1発当てればダウン確定」なので、ARやSMGにアタッチメントを一切付けず、前線近くで3人の敵に3発当てるだけで条件を達成できてしまう。ハードコアモードであれば、ミニマップ自体が表示されないため、赤点が出て敵に位置バレしてしまう恐れもない。

積極的な裏どりを行ったりしなければ、3連続でワンショットキルはそこまで難しくない。ぜひともハードコアモードを使用して条件を達成し、本武器を解放しよう。

 

 

 

◆まとめ

ネタ武器枠でありながらも、意外と使いやすい性能を持っている「R1 Shadowhunter Crossbow」。どんな場面でも使える訳では無いが、状況に応じてロードアウトの一つに組み込んでみても面白いかもしれない。

フリーフォーオールで使うと意外と使いやすくてビックリした笑

 

では!

 

 

秋吉ブログをフォローする