秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【攻略】COD MW(PS4) ~AK-47のおすすめアタッチメント~

今回は、PS4のFPSゲーム「Call of Duty Modern Warfare」にて登場する武器「AK-47」について、私が「使いやすい」と感じたアタッチメント組み合わせをまとめていく。

f:id:AkiyoshiBlog:20200407145646j:plain

 

ゲーム発売時から実装されていた武器だが、入手できるタイミングがかなり後のため、触れたことのない方も多いのではないか。そんな「AK-47」について、私が一通りアタッチメントを使ってみて感じた「使いやすい組み合わせ」をまとめていこうと思う。

 

 

 

◆AK-47の特徴

威力も高く、リロードも早め、距離減衰もそこまで大きくない、という、まさに「突撃」するにふさわしい武器だ。

しかし、大きな欠点として「反動のデカさ」がある。連射すると銃口がガクガクと動いてしまい、綺麗にエイムし続けるのが非常に難しい。性能値だけでみると中距離最強武器なのだが、この反動のせいで他アサルトライフルより影が薄くなってしまっているな…といったような武器である。

逆に言えば、この反動を使いこなすPSがあれば、非常に強い武器に生まれ変わる。

 

◆おすすめアタッチメント

f:id:AkiyoshiBlog:20200407145756j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ

 

【バレル】23.0 ルーマニアン

射程距離、反動制御、弾丸速度をまとめて向上させるアタッチメントである。

 

AK-47は反動が強いため、中距離をエイムし続けることが非常に難しい。このアタッチメントにより、マイナス点であった反動を抑えながら火力アップまでしてくれるため、AK-47の良い面をさらに引き上げてくれる。

デメリットとしてエイム速度が大きく減少するが、これは他のアタッチメントにて緩和を図る。

 

「エイム速度をもう少し早めたい、近距離向けにしたい」という場合は、「スペツナズ・エリート」や「8.1 コンパクトバレル」などを使うようにすると良い。使用感に合わせて変えてみよう。

 

【サイト】オペレーターリフレックスサイト

敵の視認性向上、ヘッドショットの狙いやすさを考慮し、リフレックスサイトをつけている。

AK-47のアイアンサイトは比較的見やすい為、「エイム速度が遅くなるくらいならいらない!」という人は無くても良い。

 

ホロサイトや高倍率サイトを付けない理由は、エイム速度をこれ以上遅くしないようにするためだ。バレルによりエイム速度が遅くなっている上、高倍率サイトまで付けるとなるとさらに遅くなり、前線武器としてはなかなか機能しない。

 

【ストック】スケルトンストック

エイム速度、移動速度、エイム時移動速度を上げる事ができる。バレルによるエイム速度低減をフォローするアタッチメントその1だ。

 

デメリットとしてエイム時の揺れの増加があるが、プレイした感覚では、正直そこまで気にはならなかった。AK-47の威力が高く、少ない弾数で敵を仕留めやすいためだろう。

 

【リアグリップ】ステッピング加工グリップテープ

エイム速度を上げるアタッチメントその2だ。他にも付属効果として、ダッシュ後のADS速度上昇もある。

 

デメリットとしてエイム時の揺れの増加があるが、ストックと合わせても、正直そこまで気にはならなかった。

 

 

 

◆他のアタッチメント候補

【マガジン】5.45×39mm 30ラウンドマガジン

威力と射程距離を犠牲に、連射速度と反動を軽減するアタッチメントである。このアタッチメントにより、反動低減系のアタッチメントを付けなくても、非常に反動制御がしやすくなる点は強みだろう。

ただ、火力面ではどうしても劣ってしまう。射程距離を伸ばすアタッチメントを付けても、火力低下度合いが目立つ。せっかく中距離性能が優れた武器だが、その強みを打ち消してしまう点があるため、勿体ないような気がしている。

 

このアタッチメントを使う際は、そもそもの距離減衰が生じない近距離での戦闘を主体とするとよい。どうしても中距離を狙う、という時は、定点から動かず狙い続けている敵など、討ち取りやすい敵を狙う時のみ挑むようにしよう。

 

【レーザー】タックレーザー

中距離だけじゃなく、近距離にも対応できるような武器にしたい、という方は、サイト、ストック、リアグリップのいずれかを外し、タックレーザーを付けよう。これにより、エイム速度を向上できる上、エイム時の安定性を上げることができる。反動や距離減衰など、中距離性能に関わるデメリットもない点が魅力だ。

ただし、デメリットとして、エイム時に出るレーザーにより、敵に存在がバレやすくなる。このアタッチメントを使う際は、ADSしながら移動するのではなく、飛び出しながら敵にエイムを合わせる、といった、BOシリーズに似た立ち回りを心掛けよう。

 

◆まとめ

この武器は、うまく反動制御できるPSを持ってさえいれば、ノーアタッチメント状態でも中距離を狙う実力は持っている武器だ。

そのようなPSを持っていなかったとしても、ここで紹介したアタッチメントを付けることで、より中距離性能を上げた武器に化ける。是非この強さを実感してもらえればと思う。

(中距離狙いたいならM4A1でいいやん、は禁句だ←)

 

他にもおすすめなアタッチメントがあったら、是非コメント頂けると幸いだ。

 

では!

 

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: Video Game
 

 

 

秋吉ブログをフォローする