秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっている、ゲーム大好きな管理人「秋吉」が書くブログです。ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報も時々…

【CoD Vanguard(CoDV)】「M1 GARAND」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Vanguard」に登場する武器「M1 GARAND」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20220305001341j:plain

 

 

◆M1 GARANDの使用感

レベルを上げるまでは、全メイン武器の中でも最弱といっても良いほどに弱い。敵の隙をつくような戦い方をしない限り、どうあがいても勝つのは難しい。

レベルを上げ、マガジンアタッチメント「.30-06 16ラウンドドラム」を装備して乱発するような戦い方ができれば多少強くはなる。が、それでも安定した強さを発揮できるわけではない。

正直、火力を上げたフルオート武器か、ワンショットキルできるSR等の方が圧倒的に使いやすいため、この武器を選ぶ必要性はほぼ無い。

ちなみに筆者は、この武器のレベルを最大にするまででKD率が0.02下がった(←)

 

1発の威力は60。キルに必要な弾数は2発で、TTKは約0.2秒と意外に早い。

とは言っても、単発銃である以上、敵に弾を当てることを意識することが多く、エイム合わせに時間がかかるので、実際にTTK0.2秒を出せるのはまれ。しかも、他武器にはアタッチメントでTTKが0.2秒を割るフルオート武器がゴロゴロいるのに、この武器はどうあがいてもTTK0.2秒以下にはならないため、正面戦闘でだいたい撃ち負けるのは残念。

膝や肘より末端に当ててしまうとダメージが下がり、3発キルとなってTTKが約0.3秒まで落ちてしまうため、なおさらしっかりと敵に弾を当てる必要がある。

更にマガジンサイズが8発しかなく、闇雲に撃つと途端にマガジン切れとなるので、乱発もできない。また地味に反動があるので、頭出ししている敵を狙う時はこのことも考えたい。

f:id:AkiyoshiBlog:20220305002532j:plain

地味に左上方向に反動がある。連射する時は若干右下に倒すことを意識しよう

エイム速度は0.335秒と、ライフル系武器の中では標準から少し遅めの速度。ここはアタッチメント次第でなんとでもなるので、そこまで気にするところでもないだろう。

 

威力強化アタッチメントは熟練度「バイタル」のみ。だが、バイタルダメージは90ちょっとのため、結局2発キルとなることは変わらない。

また、ボディダメージを減らす代わりにバイタルダメージを増加させるバレルアタッチメント「チャリオット 26プレシジョン」を付けても、何故かバイタルダメージ範囲が広がらない。もはや何のために「バイタル」が存在するのかよくわからない…

 

また、本武器に限らず、TRは全体通して以下の特徴がある。

まず、被弾時のひるみが大きい点。敵から撃たれてから撃ち返しても、こちらはエイムが明後日に行ってしまうため、まず勝てない。敵から撃たれる前に仕留めるようにしたい。この武器は敵に複数回弾を当てないとキルできないため、敵から反撃されようものなら、まともに弾を当てられずにそのまま負けてしまうことが多い。

続いて、ADS状態で移動した際の安定性の少なさ。アタッチメント次第ではある程度気にならずに使えるようになるが、ADS状態で移動するとサイトがゆらゆら揺れるため、まともに狙えなくなる。移動時エイム安定性を高めておかない限りは、ADSする時は動かず止まって敵を狙うようにしたい。

 

アイアンサイトは少し縁の大きなリング形状をしており、遠方の敵を狙うには少々扱い辛い。サイトアタッチメントは何かしら付けたいところだ。

f:id:AkiyoshiBlog:20220305001906j:plain

中距離以降の敵を狙うには見辛いサイト。中遠距離向けの武器なのにこれは…

 

◆おすすめアタッチメント

おすすめのアタッチメント構成はこんな感じ。

  • (マズル)G28 コンペンセーター
  • (バレル)クーパー 21 シュラウド
  • (サイト)MK 3サンフィルター
  • (ストック)クーパー アジャスタブル
  • (アンダーバレル)銃剣
  • (マガジン).30-06 16ラウンドドラム
  • (弾薬タイプ)亜音速弾
  • (リアグリップ)ファブリックグリップ
  • (熟練度)スライハンド
  • (キット)リーチ

f:id:AkiyoshiBlog:20220305001440j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ

胴体2発当てればキルできるので、マガジン「~」を装備して、弾を乱発しても弾切れを置きにくくした上でひたすらに弾を撃ち、なんとか2発当てて敵を倒していくことをコンセプトにしている。また、赤点表示を消すことで、敵に気付かれずに倒せるようにすることで、複数の敵を相手にしても、脇を突くことができれば捌くことができる。

f:id:AkiyoshiBlog:20220305003015j:plain

これ位の距離はお手のもの

f:id:AkiyoshiBlog:20220305003147j:plain

これ位の距離でも、置きエイムした状態で、サイトに入った敵目掛けて撃ちまくれば、意外とあっさり倒すことができる

苦手な至近距離戦は銃剣攻撃で1発キルを狙っていこう。

その他はダッシュ後射撃速度やエイム速度といった取り回し面を強化した。とはいっても、SMGやARよりも取り回しは悪いので、遭遇戦には負けやすいので注意が必要だ。

f:id:AkiyoshiBlog:20220305003404j:plain

走りながらの出会い頭戦闘は弱いので注意

 

◆M1 GARANDを使った立ち回り

正面戦闘になったらほぼ負けともいえるこの武器を使うなら、SRのような立ち回りが求められる。味方から離れ、敵が警戒していないポジションから1人ずつ削っていく戦いを意識しよう。

 

拠点内やその周辺で迎撃する戦い方も、この武器の場合は倒し漏れる恐れが高く、オススメできない。オブジェクトに全く絡まないような場面も増えるため、味方から見たら試合に貢献していないプレイヤーのように見えるかもしれないが、『自分がチーム全体の危機を後ろからカバーしてあげているんだ!』という心意義で、中遠距離から「縁の下の力持ち」的な支援をするのが一番良いだろう。

…であればこの武器を使う必要が結局無いような気がするが…

 

 

 

◆まとめ

TTKが全体的に非常に速いCoDVにおいて、複数発撃ち込まないとキルできないTRはあまりにも不遇。「M1 GARAND」はまさにその不遇さを極めた武器といえるだろう。

ただし、史実でも昔からずっと使われ続けている有名武器であることは間違いない。「ゲームの世界でも、実銃を使ってゲームをやっていきたいんだ!」というオタク気質なプレイヤーは、使ってみても良いのではないか?

…正直、それならばCoDのような少人数戦ではなく、大規模マップでプレイできるBFをやった方がいい気がするが…

 

では!