秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【CoD BOCW】「M82」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Black Ops Cold War」に登場する武器「M82」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20210314134549j:plain

 

◆M82の使用感

エイム速度は遅く、ワンショット判定も狭く、いまいち使いづらい武器。

連射できるため、仕留め損ねてもリカバリーし易いが、そもそもSRで仕留め損ねる前提なのがおかしい。そうであればTRを使った方が効果的だ。

連射できるSR、という気楽さを活かし、『突砂プレイの練習用』と割り切ってしまえば使えるだろう。

 

胴と頭に当てることでワンショットが可能。これは「Pelington」と同じ範囲だ。

エイム速度は0.65秒と遅く、これは「LW3-Tundra」と同様である。

他SRのデメリット面を踏襲している代わりに、連射が可能でファイアレートは180RPMとぼちぼち早め。2発で仕留めた時のTTKは0.33秒と、ARと同じくらいのTTKを持つ。

ただしADS状態で連射すると、反動が大きく画面が大きくぶれるため、2発連続でちゃんと当てることの方が難易度が高い。

f:id:AkiyoshiBlog:20210310001122j:plain

ワンショットを決めるにはこのあたりを狙って撃たないといけない

f:id:AkiyoshiBlog:20210310002316j:plain

画像は、敵の腹部を狙った状態で撃った時の反動。ここまで大きく跳ねあがってしまう

 

サイトはSRにはよくあるサイトで、見やすく使いやすい。サイトアタッチメントを使用する必要はないが、連射できることを考慮すると、低倍率サイトを敢えて採用し、単発銃として運用する選択肢も見えて来る。

f:id:AkiyoshiBlog:20210310000914j:plain

SRの標準サイトに似たサイトが標準装備になっている

  

◆おすすめアタッチメント

おすすめのアタッチメント構成はこんな感じ。

  • (マズル)スタビライザー 50 BMG
  • (バレル)22.6 タイガーチーム
  • (アンダーバレル)バイポッド
  • (ハンドル)エアボーン弾性ラップ
  • (ストック)レイダーパッド

f:id:AkiyoshiBlog:20210313011914j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ


このSRだけが持つ「連射」を活かした構成。 ただし4発しか撃てないため、無駄撃ちはしないように注意してほしい。

 

鍵となるのが、威力や連射速度、弾速等の総合的な威力面をすべて底上げするバレル「22.6 タイガーチーム」のアタッチメント。これを付けることでワンショット判定に上腕部が追加されるため、より敵を1発で倒しやすくなる。また連射速度も上がるため、ワンショットできなくても2発目を即座に当たることができる。

また、デフォルトの反動が大きいため、連射時のブレを制御しやすくすべく、アンダーバレル「バイポッド」を装備して反動を軽減し、連射しても狙いやすくした。

f:id:AkiyoshiBlog:20210313013659j:plain

このレベルの反動に抑えることができるため、連射しても敵を捕らえやすい


その他のアタッチメントは、

  • エイム時のブレを抑えるマズル「スタビライザー 50 BMG」
  • エイム速度を改善するハンドル「エアボーン弾性ラップ」
  • ダッシュ後射撃速度を上げるストック「レイダーパッド」

を装備して、「M82」の弱点の改善を図っている。

 

マガジンサイズが4発だと心許ない、という場合は、ストックを外し、マガジン「7ラウンド」を採用しよう。ダッシュ後射撃速度はかなり遅くなるため、突砂はしにくくなるため注意だ。

 

◆M82を使った立ち回り

この武器に閉じた話ではないが、SRは突砂プレイヤーとそうではないプレイヤーとで、立ち回りの幅が大きく変わる。

 

突砂プレイヤーの場合、近中遠の全距離を素早く攻撃できるため、SMGと同じように前に進み、敵の撃破やポイント確保を狙う動きができる。他の味方と一緒に、どんどん前線に出ていこう。

「M82」はエイム速度が遅いが連射できるため、「1発外しても連射できる」という安心感を活かして、突砂の練習にはなるかもしれない、といったくらいだろう。

 

非突砂プレイヤーの場合は、なるべく見晴らしのよい場所でADSしたまま敵を待つことになるのだが、ずっと構えたままだと中々前に出ることができず、味方の進軍の邪魔になってしまう。

そのため、ワイルドカード「ロウブレーカー」を装備し、ARやSMGのお供としてSRを持っていく、という使い方が、チーム全体で見た時に活躍できる。敵が近いなら近距離武器、遠いならSR、と武器を切り替えながら戦おう。

 

 

 

◆まとめ

連射可能な反面、それ以外の性能が他SRに色々と劣ってしまっている「M82」。「連射可能でワンショット可能なSR」というのに魅力を感じるのであれば、使ってみてもよいのではないか。

…まあ、私は使用しないが…

 

では!