秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっている、ゲーム大好きな管理人「秋吉」が書くブログです。ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報も時々…

【COD Vanguard(CoD V)】エイムに悩む人必見!ボット撃ちの練習方法を解説!

今回は、Call of Duty Vanguardでボット撃ちをするに当たり、どんな設定がオススメか、どんな練習方法がオススメか、といったことについてまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20211111211407j:plain

プロプレイヤーも毎日欠かさず実施するという「ボット撃ち」。野球でいう素振り、サッカーでいうリフティングのようなもので、エイムの基礎練にはもってこいのモードである。

エイム力がなく、中々敵に弾を当てられなくて困っている、という人は、日々ボット撃ちをやってみよう!と言いたいところだが、ただ漫然とやっても効果は薄い。

そこで、私がこれまでやっていて「効果あるな」と感じた練習方法をまとめてみたので、ボット撃ちのやり方に悩んでいる人は是非参考にしてほしい。

 

 

◆ボット撃ちにはプライベートマッチ

「プライベートマッチ」は、ボットの参加人数、味方への誤射ダメージの有無、試合時間、キルストリークの使用有無など、プレイヤーの手で自由に細かな設定ができるモード。仲間内でのプレイ練習や、大会でも使用されるモードだ。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112123203j:plain

四角で囲った部分がプライベートマッチへの入り口

本格的にボット撃ちをする場合は、このモードを利用することになる。本記事では、「プライベートマッチ」を使用する前提で記述していく。

 

◆ボット撃ちの始め方

プライベートマッチでの操作方法

プライベートマッチを選択すると、「カスタムゲーム」と「ローカルゲーム」の選択画面になる。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112123419j:plain

こちらがプライベートマッチ選択後の画面

カスタムゲームはオンライン上で、ローカルゲームはオフライン上でプレイするためのモードだ。ボット撃ちをする際はどっちを選んでも問題無い。

ここでは「カスタムゲーム」を選んだ前提で進めていく。

 

ボット撃ちを始めるにあたり、左側に並ぶ4つの項目をいじっていく必要がある。それぞれの内容を説明しよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112123559j:plain

 

マッチ開始

その名の通り、このボタンを押せばゲームが始まる。準備ができたら押そう。

 

ゲーム変更

ゲームに使うマップやゲームモード、細かなルールを選択する。ボット撃ち設定の中核を担う項目である。

 

プレイヤー管理

チーデスやドミネなどのチームルールの時のみ使用する。ボットの追加やプレイヤーのチーム割り振りを行う。

 

CODキャスター

プレイヤーカードの表示や、フリーカメラの表示内容等を設定していく項目のようであるが、筆者は触ったことが無いからわからない…ただ、ボット撃ちをする際はこの項目は触らないので大丈夫だ。

 

 

ボットの追加

的になるボットを追加するには、画面右側にカーソルを動かし、空いている枠に決定ボタンを押せばよい。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112123838j:plain

カーソルを右側に移動し、空き枠で決定ボタンを押そう

 

ボット撃ちの設定

ボット撃ちを始める際は、最低限以下の設定を行おう。

  • ゲームルール:FreeForAll
  • タイムリミット:無制限
  • スコアリミット:無制限
  • ボットの強さ:ルーキー
  • ボットの数:9体前後
  • キルストリーク:無効
  • フィールドアップグレード:無効
  • マップ:Das Haus

これで、接敵機会の多い狭いマップで、自分の気が済むまでボット撃ちを続けられる。敵にキルストやフィールドアップグレードを使われてテンポが乱れることもない。

 

なお、作成したゲームルールは、一度ゲームを落としてしまうと元に戻ってしまう。面倒だが、ボット撃ちをやるたびに上記設定を繰り返し行おう。

 

◆ボット撃ちの練習方法

基本は初弾当て、追いエイム、継続移動を意識

設定が終わったらいよいよボット撃ち開始。使う武器やアタッチメントは自分が練習したいものを選んで問題ないが、パーク「スカベンジャー」だけは装備しておこう。

漫然と撃つだけでは練習にはならない。ボット撃ちをやる時には、基本的に以下3つを順番に意識しよう。

  1. 初弾をしっかり当てる
  2. 敵を倒すまでエイムし続ける
  3. 敵を待たず、常に動き続ける

FPSでは初弾をちゃんと当てられるかどうかで勝負が決まる、と言っても過言では無い。ボット撃ちでは、とにかく最初の1発を当てるにはどうすれば良いか、を考えてボットを狙おう。

初弾を当てることができたら、次は追いエイムの練習だ。本作はTTKが短いため、あまり追いエイム力が問われることは無いが、キャラのスピード感が全体的に早いため、素早く動く敵にしっかりと連続して弾を当てる技術は必要だ。初弾を当ててからキルするまで、ちゃんと狙い続けることができるか、撃つ最中にエイムが明後日の方向に行ってないか、を考えて撃とう。

上記2つを、初めは立ち止まって練習をしよう。慣れてきたら、自分が常に動き回りながら、かつ撃つ時も横移動をしながら、初弾当てと追いエイムができるか、練習していこう。

こちらが芋っていたら全く練習にならないので、こちらから積極的に敵を倒しに移動しよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112125106j:plain

「初弾を当てる」「最後まで弾を当て続ける」「常に動き続ける」という3つを意識して練習するのが大切だ

 

目的にあったカスタム設定を!

自分の苦手分野がはっきりしているなら、そこをピンポイントで練習できるよう、設定をいじるのも大切だ。

「追いエイムが苦手だな」と感じているなら、敵の体力をMAXの300にし、長い間当てないと敵を倒せないようにすれば、自然と追いエイムの練習になる。

他には、「常にクロスヘアが下を向いているな」と感じているなら、ヘッドショットのみ有効の設定とし、ヘッドラインを狙わないと当たり判定が出ないようにするのもおすすめだ。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112124628j:plain

ヘッドショットのみ有効にしたり、体力を最大300に上げたりといった細かな設定ができるため、自分の練習したい内容に合わせて設定していこう

また、追加設定の変更以外にも、使用する武器を変えることで、特定スキルの練習ができる。

腰撃ち状態でのクロスヘア精度を上げたい場合は、集弾性能を上げたSGを持ち、腰撃ちで敵を倒す練習をしよう。クロスヘアがずれていたら1発で倒せないため、ちゃんとクロスヘアの中央に敵を収めてから撃てているかの確認ができる。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112125018j:plain

SGを使い、クロスヘアが敵の中央に来たタイミングで引き金を引けているか確認しよう。ちゃんと中央に収められていればワンショットキルできる

ADS時の初弾を当てる練習がしたいなら、アイアンサイト&エイム速度増加に全振りしたSRを使用するのがオススメ。胸より上を当てれば1発でボットを倒せるので、初弾がエイムが明後日の方向に向いていないか確認できる。

f:id:AkiyoshiBlog:20211112125352j:plain

アイアンサイト&エイム速度全振りにすれば、SRでもそれなりなエイム速度が出る。これで初弾当ての練習をしよう

自分がどの分野を練習したいか考え、それにあった追加オプションや武器を組み入れていこう。

 

 

 

◆まとめ

エイム力の基礎を作るボット撃ち。ちゃんとやるのとやらないのとでは、天と地ほどの差が出る。

本記事で紹介したやり方を参考に、是非ボット撃ちを行い、エイム力の悩みから解放されよう!

 

では!