秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【攻略】仁王2 ~強武器6選!武器に迷ったらこれを使おう!~

今回は、「仁王2」に登場する武器の中で、使い勝手の良い強武器6つを紹介しよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419135605j:plain

 

仁王2に登場する近接武器の数は全部で9種類とかなり多い。武器ごとに威力やリーチの長さ、振りの速さなどの差があるが、いまいちどれが使いやすいのか、パッとわからず悩んでいる人もいるのではないだろうか。

すべての武器を試し、仁王2のラスボス突破まで行った私が、使っていて「強いな」と思った武器を6つ、紹介していくため、悩んでいる人はひとまずどれかを使い、極めてみることをオススメする。

 

 

 

◆とりあえず使っとけばOKな武器3選

【その1】刀

場所、敵の数、敵の種類などを問わず、いついかなる時でも安定した戦いが実現できる武器だ。初心者から上級者まで、幅広いプレイヤーが扱える。

特に刀は、

  • 敵の気力削り
  • 対人型に対するカウンター

に優れており、「自分の気力を保ちながら敵の気力を削っていく」という、仁王シリーズをプレイする上で大事な要素を取り込んでいる。

おすすめの技は、ガード+△で出せる咆哮だ。自分の周囲に一気にダメージを与える上、気力を大きく削ることができ、色々と便利な面が多い。技の発動までの時間が短いのも好印象だ。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419133238j:plain

刀のオススメ技。周囲の敵に、まとめてダメージを与えるだけでなく、気力削減までできる。

 

【その2】槍

こちらも刀に続き、初心者から上級者まで使える武器だ。刀よりもリーチが長くなり、複数戦闘により向いた特性を持っている。リーチが長い割には技の出は意外と早目で、なるべく安全な状況から攻撃して回避することが容易にできる。

特に、中段構えの△ボタン攻撃は使いやすい。槍を素直に正面に突き出すだけのシンプルな攻撃なのだが、威力もそれなりにある上、直線上のリーチが長く取れるため、単純に強い。敵のカウンターが怖いボス戦では、こればっかり使っていてもなんとかなったりするものだ。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419133057j:plain

中段構えの△ボタン攻撃。単純に前方に突き攻撃するだけだが、リーチが長く、威力も高いと、非常に使いやすい

 

また、槍は敵の攻撃を打ち崩す技や、敵を受け流す技も多く持っているため、対人戦でも非常に使いやすい。すぐそばに敵がいれば、ボタンを押すだけで、敵の攻撃を待たなくても使える技までそろっているのはありがたい。

 

【その3】大太刀

槍よりも、もっとリーチや威力を求める場合は、大太刀を選ぶと良い。◻︎ボタンで横になぎ払い、△ボタンで大きく直線状に攻撃する技を出すため、複数戦闘時にも、あまり近づくのが怖いようなボス系の敵でも、どちらも立ち回ることができる。

威力は槍よりも若干ながら高いため、槍よりもより短時間で敵の戦力を一気に削ぐことができる。

技の振りが遅めなのだけがネックだが、使いこんでいき、攻撃までの時間やリーチ等を頭に入れていけば、特に気になるほどではなくなる。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419132835j:plain

画像は中段構えの攻撃モーションだ。□ボタンでなぎ払い、△ボタンで突き刺し。どちらも非常に使いやすい

 

◆特定のボス戦では強い武器3選

【その1】二刀

2つの刀を使用した連続攻撃が得意な武器だ。1秒あたりに与えることができるダメージを示すDPSは、他の武器の中でもトップクラスだと言える。熟練度を上げていくことで手に入れることのできる技も、回転切りや、突進切り、ガードしながらの突き攻撃など、とにかく「攻撃」に特化した内容が目立つ。

ただし、リーチが短いのが弱点で、攻撃を当てたい時はかなり接近することが求められる。 また、攻撃範囲が狭いため、複数体の敵を同時に相手するにも向かない武器だ。

主にボス戦などの1対1の状況化で戦うと、持ち前の機動力と攻撃力を活かして、集中攻撃を浴びせることができる。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419133815j:plain

単純なDPSだけで見ると最強に近い二刀。蝶のように舞い、蜂のように刺す戦い方を極めれば、非常に強力な武器になる

 

【その2】鎖鎌

鎌と分銅が付いた特殊な武器だ。攻撃モーションも、鎌で切ったり分銅を振り回したりと、独特な動きをする武器である。

基本は二刀と同じく、かなり近づいて戦うことが求められる武器であるが、熟練度を上げ技を身に着けることで、分銅を周囲に振り回して広範囲を攻撃することができたり、分銅を投げて、遠距離にいる敵を引き寄せたり、逆にこちらが近づいたりと、状況に応じトリッキーな戦い方ができる点も魅力だろう。

攻撃モーションの中では、「上段構えや下段構えの□ボタン攻撃」がおすすめだ。武器を八の字に振り回しながら前進するため、ヒット判定が多く、1体の敵に対して集中的にダメージを与えることができる。気力が尽きている状態での1対1のボス戦では重宝する。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419134700j:plain

分銅や鎌を振り回す攻撃は素早い時間に多段ヒットさせることができるため、火力面で申し分ない

 

【その3】手斧

リーチの短い接近戦用武器にしては少し振りが遅い武器のため、他の武器のように、□ボタンや△ボタンを単純連打して戦うのにはあまり向かない武器だ。

しかし、この武器だけに存在する特徴として、投擲による遠距離攻撃ができる点が挙げられる。熟練度を上げることによる技習得が必要だが、△ボタンの長押しで、遠くにいる敵に対して斧を投げ、ダメージを与えることが可能だ。この溜め時間は、別のスキルを習得することで短縮することができる。上段構えの投擲攻撃を、溜め時間短縮スキルを付けて運用すると、近づくのが難しい手ごわいボスでも、あっけなく倒せてしまうほどに使い勝手がよい。

これまた攻撃範囲は狭いので、集団戦には不向きだが、高攻撃力を持つが動きの遅いボスを相手にする時には重宝する。ぜひ使ってみてほしい。

f:id:AkiyoshiBlog:20200419135112j:plain

溜め時間を短縮させた投擲攻撃は、威力、射程ともに申し分なく、特定のボスに対しては非常に有効な攻撃手段となる。

 

 

 

◆まとめ

強武器6つを紹介したが、もちろん、使いやすい武器はプレイヤーによって異なるため、最終的には自分が最も気に入った武器を選ぼう。

斧や薙刀鎌、旋風棍などといったここでは紹介しなかった武器も、使いこなせば強武器へと生まれ変わる。

自分に合った最適武器を見つけ、豊かな仁王ライフを送って欲しい。

 

では!

 

仁王2

仁王2

  • 発売日: 2020/03/12
  • メディア: Video Game
 

 

 

秋吉ブログをフォローする