秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっている、ゲーム大好きな管理人「秋吉」が書くブログです。ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報も時々…

【CoD Vanguard(CoDV)】「COMBAT SHOTGUN」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Vanguard」に登場する武器「COMBAT SHOTGUN」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20211201233726j:plain

 

 

◆COMBAT SHOTGUNの使用感

ポンプアクション式で、1発外した時の隙がでかいのはデメリットだが、その分威力や射程距離は長いのは魅力。

「DAS HAUS」のような狭いマップでなくとも、他の中距離武器と組み合わせれば充分戦える。

特にクセもなくて使いやすく、SGを使うならオススメできる武器だ。

 

1発の威力は100で、射程圏内であれば胴体1発キル可能。ただし、有効射程距離は6mちょいと短いので、ちゃんとワンショットキルするなら、敵のすぐそばまで入り込む必要がある。(実際には6mよりも長い射程を持っていそうだが、要検証…「BOCW」のように、ピン刺しで距離がわかるようになればいいのに…

f:id:AkiyoshiBlog:20211203213029j:plain

6mというと大体このあたり

ポンプアクション式の銃のため、1発撃つと次を撃てるまでに約0.7秒ほどかかる。外したらほぼ負けと思っても過言ではない。確実に当てていこう。

 

本作のSGは、全体的にエイム速度は0.35秒、ダッシュ後射撃速度は0.28秒とかなり遅め。素の性能では遭遇戦にも負ける不遇さだ。だが、こちらもアタッチメントで改善すれば十分遭遇戦でも勝てる。

 

弾薬タイプ「スラグ」を装備すると、SGにしては脅威の約15mまで射程が伸び、SMGの距離とも戦える。

f:id:AkiyoshiBlog:20211203213110j:plain

この距離でワンショットキル可能

ただし、弾薬タイプ「スラグ」は、エイム速度を大きく下げるデメリットがある。「スラグ」を採用するなら、SGなのに待ちプレイする機会が増えるので注意。

 

アイアンサイトは全体的に開けていて見やすい。アタッチメントは無くても良いが、せっかく付けられるなら近距離用のサイトを付けよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20211203213147j:plain

全体的に開けていて見やすいサイト

 

◆おすすめアタッチメント

おすすめのアタッチメント構成はこんな感じ。

  • (マズル)M97 フルチョーク
  • (バレル)ソードオフ
  • (サイト)単眼リフレクター
  • (ストック)CGC 3Mアジャスタブル
  • (アンダーバレル)MARK VI スケルトン
  • (マガジン)16ゲージ 3ラウンドファストマガジン
  • (弾薬タイプ)焼夷弾
  • (リアグリップ)ファブリックグリップ
  • (熟練度)スライハンド
  • (キット)クイック

f:id:AkiyoshiBlog:20211208230304j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ

バレル「ソードオフ」で火力を上げ、更にマズル「M97 フルチョーク」で弾を集中。高威力を保ったまま、遠目の距離の敵とも戦えるようにした。また、弾薬タイプは「焼夷弾」を採用し、仕留め損ねた敵も炎ダメージで倒せる。

もともと遅めのエイム速度やダッシュ後射撃速度は、ストック「CGC 3Mアジャスタブル」やアンダーバレル「MARK VI スケルトン」、リアグリップ「ファブリックグリップ」を装備して遭遇戦でも戦えるようにした。

マガジンは「16ゲージ 3ラウンドファストマガジン」を付け、リロード速度を向上させているが、3発しか格納できないため、連戦はできない。体力が少ない本作で連戦を考えること自体が誤りな気がするが、気になる人はマガジンアタッチメントを付けなくてもよいだろう。

 

◆COMBAT SHOTGUNを使った立ち回り

特にこの武器特有の立ち回りがあるわけではない。SGである以上、近距離まで近付かないと戦えない。開けている場所は通らず、ミニマップを見ながら、敵に気付かれずにすぐそばまで移動するようにしよう。

敵がいそうな場所では、待つよりも飛び出し撃ちで対抗した方が勝ちやすい。積極的に動いていこう。

腰撃ちで撃っても良いが、この武器はADSして撃った方が弾の集弾率が良く、敵の仕留めやすい。なるべくエイムして撃つようにしよう。

 

 

 

◆まとめ

非常に使いやすい良SGである「COMBAT SHOTGUN」。

 

では!