秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【CoD BOCW】「Stoner 63」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Black Ops Cold War」に登場する武器「Stoner 63」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20201202012748j:plain

 

 

 

 

◆Stoner 63の使用感

非常に使いやすいLMGで、LMGデビューはコレ、LMG極めるにもコレ、と言った良武器だ。この武器に慣れてしまうと、他武器に戻れなくなる。実際、何試合も「Stoner 63」を使ってから、ARの強武器「KRIG 6」に持ち替えてみたら、「この武器、弱…」と感じてしまうほどだった…

 

標準性能がとにかく優れており、

  • アイアンサイトが見やすい
  • ノーアタッチメントでも縦ブレ、横ブレがほぼ無い
  • FMJ搭載済みで壁抜きが用意
  • 中遠距離でも胴体4発、ヘッドショット1発でもすれば3発
  • LMGにしてはファイヤレートが早い

と、いいところづくしである。水平反動を改善するアタッチメントをつければ、頭出しの敵も、FMJ効果も相まってサッと溶かすことができる。

f:id:AkiyoshiBlog:20201202011956j:plain

アイアンサイトはこんな感じ。円形のサイトで、どこをエイムしているのかわかりやすい。

f:id:AkiyoshiBlog:20201202012047j:plain

ノーアタッチメントで75発撃ち続けるとこの反動。少し強めだが、そもそもこんなに連射すること自体ないので、反動はほぼ気にならない。

更に、武器レベルを48まで上げることで開放される「21.8 タスクフォース」が超強力。威力を+10%、射程距離、弾速を+100%という、威力面の向上効果が多いにも関わらず、デメリットが弾数低下系しかない。マガジンサイズも75発から70発になるだけで、あまり大きなデメリットにはならない。

 

ただし、LMGらしく、エイム速度がとにかく遅く、体感ARの倍くらいかかる。また走る速度も非常に遅い。

なので、突撃にはとにかく向かない。定点防衛や、クリアリングしながらゆっくり移動することを意識した立ち回りが必要になる。

 

◆おすすめアタッチメント

おすすめアタッチメント構成はこんな感じ。

  • (マズル)エージェンシーサプレッサー
  • (バレル)21.8 タスクフォース
  • (ボディ)SWAT 5MWレーダーサイト
  • (アンダーバレル)フィールドエージェントグリップ
  • (ハンドル)エアボーン弾性ラップ

f:id:AkiyoshiBlog:20201202011754j:plain

アタッチメントを付けたステータスはこんな感じ


ポイントになるのはバレル、レーダーサイト、ハンドルの3つ。

バレル「21.8 タスクフォース」で威力系能力の底上げを実現、どんな距離の敵でも素早く倒すことが可能。苦手としている近距離戦闘に対してはボディ「SWAT 5MWレーダーサイト」を付け、腰撃ちメインで戦う。腰撃ちでは厳しい近距離と中距離の間位の距離感になってもなるべく素早くエイムできるよう、ハンドル「エアボーン弾性ラップ」でエイム力を上げている。

プラスアルファでバレルとアンダーバレルを装着。バレルでサプレッサーと垂直反動改善を測ることで、中遠距離のを撃ち続けても位置バレしない隠密性を実現。アンダーバレルで水平反動、垂直反動をさらに改善し、頭出しの敵も的確に撃ち抜くようにしている。

 

個人的にはこの構成が一番しっくり来たが、バレルとアンダーバレルは他のアタッチメントに付け替えても良い。ストックで機動力を改善したり、サイトでより中遠距離を狙いやすくする構成にしてもよい。そこは自分でプレイしてみてフィットするものを選ぼう。

 

◆Stoner 63を使った立ち回り

「味方の最後尾をついていく」位の、少し引いた立ち回りを意識しよう。目的ポイントに到達したらあまり動き回らず、ADS状態をキープして迎撃していこう。試合がオブジェクトルールの場合は、味方と一緒に目標に入り、拠点内やその付近で拠点確保、拠点防衛を意識してほしい。

移動する場合は、「確実に敵がいない」と言い切れる場合を除き、しゃがみ状態での移動を徹底しよう。PEAK「ニンジャ」を付けていてもしゃがみを徹底だ。おすすめアタッチメント構成ではダッシュ後射撃速度を大きく犠牲にしているため、走り状態だと接敵時に撃ち遅れてしまうためだ。また、しゃがんだ方が腰うちの命中精度が上がるため、接敵時に敵を的確に撃ち抜くことができるという面もある。ぜひ意識してほしい。

これらが意識できれば、オブジェクトルールでもデスマッチルールでも問題なく活躍できる。

 

また、これは「Stoner 63」に限った話ではないが、LMGを使う場合はマップ構造を覚えておくことも大切。今いる地点からどの範囲までを防衛できるのか、を把握し、味方の位置や赤点状況からどのポイントを抑えると効果的か、を選ぶ力が必要となる。LMGを使うなら、まずカスタムマッチでマップを覚えたり、ARやSMGを使ってマルチプレイを何回か試し、各マップの「強ポジ」をしっかり頭に叩きこもう。

 

 

◆まとめ

始めは使いづらいと感じるかもしれないが、しゃがみ移動、腰うち攻撃、ADSしたままの定点防衛の3つを意識して立ち回るだけで、かなり強力な武器に変貌する。

マルチプレイでいきなり使用するのが怖い場合は、カスタムマッチでおすすめアタッチメントを試してみてほしい。その強さを実感できるはずだ。

 

では!

 

 

秋吉ブログをフォローする