秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【COD BOCW】キルコンファームドを始めた初心者へ!立ち回り方解説!

今回は、COD BOCWのゲームモード「キルコン」を始めたばかり、という初心者を対象に、どのようなことに意識して立ち回るべきなのか、を紹介する。 

f:id:AkiyoshiBlog:20210321223507j:plain

 

CoD特有のゲームモードといってもよい「キルコン」。ルール自体はシンプルだが、チーデスと比べて情報量や考えることが若干増える。

どんなことに気を付け、どうやって立ち回っていけばよいかまとめてみたため、うまくなりたい!という人はぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

◆キルコンファームドのゲームルール

敵を倒すと、その場に赤いタグが落ちる。そのタグを回収するとチームに1点が加算される。味方が倒れた場合は青いタグが落ちるため、敵がタグを回収する前にこちらが回収すれば、敵に得点が加算されるのを防止できる。

先に65点確保したチームが勝利。制限時間は10分で、10分経っても65点に到達しない場合は、制限時間を迎えた際に点数が高いチームが勝利となる。

 

デスマッチルールとオブジェクトルールの平均をとったようなゲームモード。比較的活発に動き回るものの、他のオブジェクトルールと違い、そのモード限定の動き方を覚える必要が無い。また、敵を倒せなくても、タグ回収を頑張ればスコア1位を獲得することが可能だ。総じて、初心者でもプレイしやすいゲームモードとなっている。

 

◆キルコンファームドの立ち回り方(勝利編)

味方と一緒に動き、タグ確保をお互いにカバーする

このゲームルールは、敵が落とすタグを入手しないとポイントにならない。タグは敵が倒れた場所に出現するため、タグを取りに行くためには、わざわざ体を晒す必要があり、敵から狙われる可能性が高くなる。

そのため、一人で動いて敵を撃破→タグ回収しようとすると、タグを確保する前に敵にやられてしまう可能性が高い。

味方と一緒に動けば、タグを確保する際に味方の援護があったり、自分が倒した敵のタグを味方が即座に確保してくれたりと、お互いのカバーが効きやすいため、タグ確保ややりやすくなる。ぜひ味方と一緒に動こう。

 

ただし、基本的には、敵が落としたタグは、最後にその敵を倒した人のもの、という暗黙のルールがある。敵がすぐそばにいて、タグ確保に向かえない等のやむを得ない事情を除き、他の人のタグは確保しないように注意しよう。

 

タグの消失で索敵を行う

タグの位置は、敵のタグは赤、味方のタグは青で表示される。ミニマップに映るタグが、味方が通りかかっていないにも関わらず消えた場合、その箇所に敵がいることを意味している。

キルコンでは、ミニマップで味方の位置と敵の赤点を確認するだけでなく、ミニマップに見えているタグが消えたかどうか、も確認するようにしよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20210321222814j:plain

味方の青点が無いにも関わらず、赤いタグが消えたため、ここには敵がいる可能性が高い


ただし、長い間放置されているタグは、一定時間が経過すると自然消滅してしまう。タグが消えたから確実にその場所に敵がいる、というわけではないので、少し頭の片隅に入れておいてほしい。

 

タグを餌に敵を釣る

勝利するためにはタグを確保することが必要な「キルコン」では、味方だけでなく敵もタグを取り来ようと迫ってくる。

そのため、あえてタグを取らずに餌として放置し、その手前の強ポジで敵が来るのを待ち構え、タグを取りに来た敵を迎撃する、といった戦い方は非常に有効だ。何人か倒してからまとめてタグ回収すれば、比較的安全にタグをたくさん集めることができ、おすすめだ。

f:id:AkiyoshiBlog:20210321233029j:plain

味方のタグが落ちているが、敢えて取らず餌とし、取りに来た敵を倒すと安全に敵を倒せる

 

ただし、これは少し意地悪な立ち回り方で、やりすぎると嫌われる。時たま、パーティを組んでマップの端から全く動かず、近付いてきた敵をただただ倒し、タグをまとめてかっさらうという人もいる。この手に頼り過ぎないように注意してほしい。 

 

 

 

◆まとめ

立ち回りをまとめると、

  • 味方と動いて、互いのタグ確保をカバーする
  • ミニマップのタグの消失で敵の位置を把握する。たまに自動消失することあり
  • タグを餌にして、やってくる敵を迎撃する。ただし頼り過ぎには注意

といった感じだ。この内容を意識して立ち回ってほしい。

 

では!