秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっている、ゲーム大好きな管理人「秋吉」が書くブログです。ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報も時々…

【CoD BOCW】「C58」使ってみた!おすすめアタッチメントも紹介!

今回は、「Call of Duty Black Ops Cold War」に登場する武器「C58」を触ってみた感想と、おすすめのアタッチメントをまとめてみた。

f:id:AkiyoshiBlog:20210619232607j:plain

 

◆C58の使用感

弱い…本当に弱い…完全に「AK-47」の下位互換…運営がステータス設定を間違えたのではないかと疑うレベルだ。なぜこんな武器を追加したのか…CoDBOCWのマルチプレイしかやらない人は、まず使う必要はない。

 

一応威力は38と「AK-47」と同じ高火力な為、4発キルが可能で、TTKは約0.32秒とまあまあ早い。また、弾速が730m/sとARの中ではトップの速さを誇る。

が、いい点はそれだけ。それ以外は「AK-47」からあらゆるステータスを弱らせた性能を持つ。

まずファイヤレートの低さ。555RPMと「Krig 6」並に遅い。あちらは代わりに射程距離が50mとめちゃくちゃ長いが、「C58」の射程距離は半分の25.4m。「AK-47」ですら35m前後の射程距離があるのに…

f:id:AkiyoshiBlog:20210620225102j:plain

奥の木箱までで23m。中距離が得意な武器であるARなのに、この辺りが射程の限界は辛い

更に反動に癖があるのも欠点。撃ち初めの1発目はまっすぐ飛び、その後大きく右上に跳ね、そのまま跳ねた先の周辺を撃ち続けるような反動になる。この「1発撃ったら大きく跳ね、その後は安定する」という反動形状が厄介で、右スティックを左下に倒したまま撃つと狙う先が下がってしまうし、倒さず撃つと右上を撃ち続けてしまう。なので、撃ち初めに右スティックを一瞬下げて、以降はスティックを触らないように制御する必要がある。また、撃つときに画面が上下に大きく揺れるので、敵を見失いやすいのも欠点だ。

f:id:AkiyoshiBlog:20210619231526j:plain

最初の1発だけ正面に飛び、その後右上に跳ねあがる。その後は跳ね上がった場所目掛けて弾がばらけていくような反動だ

更に更に、マガジンサイズが標準で20発と非常に少なく、マガジンアタッチメントが必須になってくる。同じ4発キルの「AK-47」は30発入るのに…

最後には、アイアンサイトも若干見辛い形をしており、可能ならサイトを付けたいところ。こんなところも「AK-47」の下位互換であるところがチラホラ…

f:id:AkiyoshiBlog:20210619231233j:plain

両サイドにある縁が少し邪魔。サイトが欲しいところだ

本当に、ありとあらゆる点が「AK-47」の下位互換なので、この武器を選ぶメリットがほぼ無いといえる。

 

◆おすすめアタッチメント

今回はオススメ構成を2つ紹介する。

中距離型
  • (バレル) 18.5 タスクフォース
  • (アンダーバレル)フィールドエージェントグリップ
  • (マガジン)35ラウンドドラム
  • (ハンドル)エアボーン弾性ラップ
  • (ストック)レイダーストック

f:id:AkiyoshiBlog:20210619232300j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ

威力、射程距離、弾速を上げ、30mを超える中距離の敵もちゃんと倒せるようにした、ARらしさを出した構成。反動が大きくなるため反動制御が必要だが、反動形状は素直になるので扱いは難しくない。

 

バレル「18.5 タスクフォース」にて威力、射程距離、弾速を向上。30mを超える距離の敵を相手にしても、ヘッドショット3発で沈められる。反動が非常に大きくなるので、アンダーバレル「フィールドエージェントグリップ」で縦横の反動軽減を図る。

f:id:AkiyoshiBlog:20210620224927j:plain

「18.5 タスクフォース」の影響で反動はかなり大きくなるが、右上に一直線に上がるだけなので、ある程度制御できる 

f:id:AkiyoshiBlog:20210620230205j:plain

この距離の敵を相手にしても、反動制御できれば十分戦える

その他は、マガジンサイズを増やすためにマガジン「35ラウンドドラム」、エイム速度とダッシュ後射撃速度を上げるためにハンドル「エアボーン弾性ラップ」とストック「レイダーストック」を装備した。

「アイアンサイトだと見辛くてどうしようも無い」というなら、マガジンを消してサイトを付けよう。ただし20発しかマガジンサイズが無いので、あまり突撃し過ぎないように注意だ。

 

近距離型 
  • (サイト)ミルストップ・リフレックス
  • (アンダーバレル)インフィルトレーダーグリップ
  • (マガジン)35ラウンドドラム
  • (ハンドル)サーペントラップ
  • (ストック)レイダーストック

f:id:AkiyoshiBlog:20210620224522j:plain

アタッチメント装着後はこんな感じ

ARながらも素早い動きを可能にすることで、SMGっぽく構成した案。SMGが苦手な20m超えの射程も確保しているので、「ガンガン突撃しながらもある程度の距離の敵も倒したい」という人は使ってみよう。個人的に、この武器を使うならこの案が一番しっくりきた。

 

移動系の速度を軒並み増加させるべく、アンダーバレル「インフェルトレーダーグリップ」を装備。ダッシュ速度、エイム時移動速度、射撃時移動速度が5%向上し、ARにしては素早く動けるよう変更した。他は、遭遇戦でも戦えるよう、ハンドル「サーペントラップ」とストック「レイダーストック」を装備し、エイム速度とダッシュ後射撃速度を増加させた。後は、マガジン「35ラウンドドラム」と、視認性確保のためのサイト「ミルストップ・リフレックス」を装備し、継続戦闘力向上と、フルオート時に敵を見失わないよう改善した。

f:id:AkiyoshiBlog:20210620230634j:plain

これくらいの距離で戦うのが得意。キャラコンと組み合わせて戦っていこう

 

◆C58を使った立ち回り

中距離型で行くなら、味方より少し引いた場所で戦うのがオススメ。ポイント周辺やポイント内で敵が攻めてくるのを待つような場面で一番効果を発揮する。ファイアレートの低さから、1発外した時のリカバリが難しいので、なるべく被弾しない状態を確保し、待ち状態を組み合わせながら戦っていこう。

近距離型で行くなら、TTK0.32秒という高さを最大限活かすために、SMG勢と肩を並べ、どんどん前に出ていくのがオススメ。正面戦闘する際は、レレレ撃ちやスライディング撃ち、ダッシュ撃ちを組み合わせ、被弾する前にササっと倒すように心がけよう。

…ただ、言うてどんな立ち回りをしたところで、どれもこれも「『AK-47』でよくね?」となってしまうのが悲しいところだが…

 

 

 

◆まとめ

今のままのステータスでは、この武器を使うメリットがほぼないと言える残念な武器である「C58」。他武器の方が明らかに使い勝手がいいのでわざわざこの武器を使う必要はないが、「どうしてもこの武器がいい」というのであれば止めはしない…私は使わないが…

 

では!