秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【攻略】COD MW(PS4) ~野良でハードポイント勝利!(HARD HAT編)~

今回は、PS4のFPSゲーム「Call of Duty Modern Warfare」のゲームモード「ハードポイント」で、野良プレイで勝利する際に気を付けるべき立ち回りをまとめていく。

マップは「HARD HAT」だ。

f:id:AkiyoshiBlog:20200930235314j:plain

 

過去作の人気マップがCoD MWに登場。比較的単純な構成をしている良マップだと感じる。

そんな「HARD HAT」にてハードポイントを野良プレイする際に、獲得したポイントをどのように防衛していけばよいか、オススメの防衛ポイントをまとめていくため、是非とも参考にして欲しい。

 

なお、今作は特に索敵が難しく、「ここを守っていれば絶対安全」なポイントがあるわけではない。あくまで「良ポジ」を紹介していることを意識しておいて欲しい。

 

 

 

◆「HARD HAT」のポイント一覧

f:id:AkiyoshiBlog:20200928010005j:plain

元画像は、サイト「FPSゲーム「CoDモダンウォーフェア」が上手くなるブログ ゲームはプロテイン!」より引用させて頂きました

https://achan-games.com/map-hardhat/#st-toc-h-2

 

◆「HARD HAT」の立ち回り

第1ポイント(中央ビル脇倉庫)

前後に両開きの扉がある倉庫が第1ポイントだ。倉庫の中心には荷物が山積みになっており、これがきれいに障害物になってくれている。

 

第1ポイントの確保時の陣形は以下がよい。

f:id:AkiyoshiBlog:20200929234431j:plain

 

山積みされた荷物の片側(要員①)からは、荷物の上に上ることができる。ここからは、荷物の脇から前後の扉をきれいに防衛することができる。ぶっちゃけ、ここに一人いるだけでこのポイントを完全に防衛できるといっても過言ではない。倉庫に入ろうとする敵からも姿が見え辛く、かつピンポイントにフラグを投げ込むのも困難な位置のため、非常に強力だ。

f:id:AkiyoshiBlog:20200930235840j:plain

敵から狙われづらく、一方的に攻撃できる強ポジだ

 

ただし、梁側からくる敵に対しては、柱が邪魔となるため、荷物上の地点からは少し防衛が難しい。そのため、手前にある2本の柱に要員②がリーンしながら待つことで、梁側から攻め込んで来る敵を防衛しよう。

f:id:AkiyoshiBlog:20201001000026j:plain

敵から見たら、2つの支柱の左右、合計4ポイントを注視する必要があるため、反撃が難しい

 

この2名+αのメンバで倉庫付近を防衛すれば、基本は問題ない。他のメンバは第2ポイントを確保できるようリスポーンコントロールを行うことを意識だ。

 

第2ポイント(廃ビル2階)

第1ポイントとは打って変わって防衛する量が増える。味方のいる位置を踏まえ、どのポイントで待ち構えておくかを決めておこう。

第2ポイントの確保時の陣形は以下がよい。

f:id:AkiyoshiBlog:20200929234543j:plain

※薄い黄は1階を示す

コンクリート側からSUVを通ってやってくる敵を待ち構えるための要員①、およびクレーンや階段側から上がってくる敵を待ち構えるための要員②が非常に重要な役割を持つ。中距離の定点狙いがメインとなるため、アサルトライフルやライトマシンガンを持っている人がこのポイントを担当するとよい。

唯一の穴である階段を固めるため、要員③が壁からリーン構えで迎撃することで防御態勢が取れる。ただし、要員③は土管側からくる敵ばかりを気にしていると、クレーン側からくる敵に横から攻撃される恐れがあるため、味方のいる位置や倒されたポイントを確認しながら、クレーン側も警戒するように切り替える必要があるため注意しよう。

 

次のポイントである第3ポイントは防衛が楽なため、なるべく早く第3ポイントの確保に向かうほうが、最終的な獲得ポイントは高くなると感じる。ある程度確保したら、第2ポイントを捨ててでも、第3ポイントに向かってしまった方がよい。

 

第3ポイント(空き倉庫内)

低く積み上げられたコンクリートに囲まれた第3ポイント。一度確保されると、取り返すのが非常に難しいため、ポイントチェンジのタイミング早々から拠点確保しておきたいところだ。

第3ポイントの確保時の陣形は以下がよい。 

f:id:AkiyoshiBlog:20200929235450j:plain

 

ブルドーザー側からくる敵は、足場に乗った状態で要員①、および要員②でカバーすればおおよそ防衛することが可能だ。役割分担としては、要員①は第5ポイント側からくるロングの敵を中心に、要員②はブルドーザー側の敵を中心に狙うようにしよう。

梁から来る敵は、要員③が頭出しリーンして待機していれば大体勝てる。頭出しポジは全部で3つあるため、ヘイトがたまった量に応じて都度場所を変えよう。ただし、要員③の頭出しポジは、人数をかけて押し込まれるとヘッドショットを抜かれやすいため、安心はできない。もう1人同じ場所に人員を置くか、要員④の位置に配置して、拠点確保に向けてダッシュしてくる敵を脇から迎撃するなどして対応したい。

 

第4ポイント(コンクリートビル)

第2ポイントに続き、防衛時のカバー箇所が多いポイントだ。味方のポジションに合わせ、臨機応変に変えていこう。

第4ポイントの確保時の陣形は以下がよい。

f:id:AkiyoshiBlog:20200929235841j:plain

 

SUVや第2ポイントの建物側から来る敵は、要員①でリーン構えして防衛すれば大体撃ち勝てる。ただし、体の半分が見えている状態でのリーンとなるため、いる場所がバレていると決め打ちされやすい。ヘイトが集まって来たら伏せ撃ちするか、あえてSUVまで進み、SUVの右側面で構えておくのも効果的だ。

 土管側から来る敵は、要員②がリーン固定で構えておこう。土管からの頭出しや、駆け上がって来る敵を一方的に倒せる。さらに別角度からの防衛として、要員③が構えておけば尚更強固だ。要員③は拠点内判定もついているため、なお美味しい。

梁側から来る敵は、要員④でリーン固定で構えておこう。ここもリーン中は体の右半分をさらけ出した状態となるので決め打ちされやすい。ヘイトを集め過ぎた場合は、リーン構えではなく、右壁側で伏せ打ちするのも効果的だ。

 

第5ポイント(コンテナ周辺)

第3ポイントと同じく、コンクリートや壁に囲まれたポイントだ。ただし、第3ポイントと違い、フラグが投げ込まれやすい構図となっているため、中に入る人はフラグ耐性を付けるか、トロフィーシステムにてフラグ無効化をするかしよう。

第5ポイントの確保時の陣形は以下がよい。

f:id:AkiyoshiBlog:20200930233748j:plain

 

拠点内の要員①は、ブルドーザー側が薄ければコンクリートに頭出しリーン、クレーン側が薄ければ木の箱に右頭出しリーンすることで防衛しよう。トロフィーシステムを設置しておけばフラグでやられることも少ない。

ただし、待ち構えるポジションが1点のみのため、ヘイトがたまると決め撃ちされやすい。そのため、木製の掘立小屋手前に要員②を置き、状況に応じてクレーン側やブルドーザー側を切り替えて防衛するようにしたい。

ブルドーザー側のみ使える防衛方法として、土管とブルドーザーの真ん中当たりにある影のポイントに要員③を配置すると、ブルドーザー側から攻め込んで来る敵を横から倒すことができるためおすすめだ。

 

 

◆まとめ

個人的に本作の中でかなり上位に食い込む良マップである「HARD HAT」。ここで紹介したポイントを率先して使用して頂き、是非勝利につなげて欲しい。

 

ここも良ポジだよ!という部分があれば、是非とも紹介して欲しい。

 

では!

 

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: Video Game
 
秋吉ブログをフォローする