秋吉ブログ

20年以上にわたり様々なゲームをやりまくっています、ゲーム大好きな管理人、秋吉が執筆するブログです。最新ゲーム情報を盛り沢山出していきます。ゲーム以外の情報もあったりなかったり…

【攻略】Apex Legends (PS4) 〜キャラ立ち回り【レヴナント】〜

今回は、Apex Legendsに登場するキャラ「レヴナント」の特徴や、スキルの使い方、使うと良い武器の組み合わせについてまとめていく。

f:id:AkiyoshiBlog:20200822003459j:plain

 

スキルの内容はそこらの攻略サイト見てもらえればわかると思うので、ここではもう少し実践を意識した内容を書いていけたら、と思う。

早速みていこう。

 

 

◆キャラの特徴

奇襲能力に特化しており、攻撃の火付け役となって戦いを挑みに行く、そんなキャラだ。

  1. アルティメットで体力増加+ダウン時に安全地点で帰還、という安全策を取った上で敵陣に突っ込む
  2. 戦術アビリティで敵のスキル封じに加え、移動通路の制限をかける
  3. パッシブで高所を撮ったり、奇襲を仕掛けて倒す

など、とにかく攻撃に全振りしたようなアビリティの組み合わせを持っている。対人戦が上手い人が使えば無双できるでろう。

なにより、アルティメットの使い勝手が良すぎる。効果の適用範囲が無限、かつ効果適応中であればダウンしても即復帰可能であるため、多少危険な動きをしてでも、敵目掛けて最短距離で追いかけるムーブができる。

 

個人的に、敵パーティにレヴナントの姿が見えたら、敗北の匂いがしてくるため、緊張が走る、そんなキャラだ。

 

◆立ち回り方

移動時は部隊に引っ付いて移動する

レヴナントは移動能力、防御力ともに並程度。孤立して動いて敵部隊に遭遇するとどうにもできないので、なるべく味方の後ろをついていくことを意識しよう。

 

アルティメットを使用し、ビビらず攻め込む!

レヴナントで勝利を目指すには、パーティ全員で同時にデスプロテクションをはり、攻め込む意識を持つことが必要だ。せっかくの攻撃寄りアビリティも、自分1人しか攻め込もうとしないなら意味をなさない。攻め込む前には必ずアルティメットを発動し、味方全員で攻め込む意識を共有しよう。攻撃する地点を指し示しておくとなお良い。

また、味方のレヴナントがアルティメットを発動した場合、これから敵に攻め込みたい、という意思表示をしていることになる。無視して別のところに移動したりしないようにしよう。

デストーテム起動時の注意点として、必ず、敵から狙われない物陰に出すようにしよう。デストーテムは他プレイヤーの攻撃によって壊すことが可能であり、壊れてしまうとその場でデスプロテクションが切れるため、いけいけどんどんで攻め込み中に効果が切れ、急に大ピンチ!ともなりかねない。

f:id:AkiyoshiBlog:20200821010130j:plain

攻撃する意思表示を自分、ないしは味方が示したら、すぐにデストーテムを召喚しよう。召喚する際は壊されないよう、隠れたところ召喚だ。

 

アルティメットの効果で影になった後は、力尽きる覚悟でとにかく前線に出て攻撃を仕掛けよう。アルティメットには効果適用時間があり、力尽きることなく効果時間を過ぎた場合、その時の残体力を引き継いでしまう。体力がわずかの状態で効果が切れたら、体力ほぼゼロの状態で前線に立つことになってしまい、一気にピンチになりかねない。

多少強引でも良いので戦闘を仕掛け、敵のシールドや体力を削った方が、レヴナントの効果を十分に活かすことができる。ビビらず攻め込もう。

f:id:AkiyoshiBlog:20200821010727j:plain

このマークが出ている間はデスプロテクションが効いている証拠。時間経過で赤い円が消えていき、すべてなくなると効果が切れる。

 

パッシブスキルを活かし、裏どり+高所確保を狙う

レブナントは、レイスやジブラルタルのような、正面戦闘で活きるスキルは持っていない。その代わり、パッシブアビリティである「ストーカー」は、

  • しゃがみ速度が通常走行時と同じ速さとなる
  • 他キャラよりも高い壁を上ることができる

という、奇襲能力に特化したスキルを持っている。

そのため、戦闘を仕掛ける際は、しゃがみ歩きによる裏どりや、高所にいる敵に率先して攻撃を仕掛けていく等、他キャラではできないような立ち回りを意識して動くようにしよう。

 

正面から撃ち合うことになった場合も、しゃがみ時の移動速度が上昇する利点を活かししゃがみ+レレレ撃ちで対抗すると、被弾面積を抑えることができるためおすすめだ。

 

狭い通路やドア前には戦術アビリティを事前使用して通路を塞ぐ

レヴナントの戦術アビリティである「サイレンス」は、直接的に当てなくても、壁や床にぶつかった地点でしばらくの間停止し、そこを通る敵にダメージとアビリティ使用不可の効果を適用させる。

この効果を応用し、攻め込む先の通路やドア前に事前にサイレンスを放ち、通路を塞いでおくことで、敵は移動できるルートが減るため、より戦いづらい状況に追い込むことができる。

 

ただし、過信は禁物。敵は「サイレンス」の中を通過することが可能なので、完全なる「壁」を作ることにはならない。また、敵に与えるダメージも10と少なく、レヴナント側に通ったことの通知が行くわけでもない。アビリティ封印覚悟で突っ込んでくる可能性もあるので、あくまで足止め程度、と考えておこう。

 

味方の蘇生中は戦術アビリティで隠す!

「サイレンス」は、透過性の無い大きな球体を放ち、着弾した時点で10秒間残る。そのため、球体の奥にいるプレイヤーが何をしているのか、把握することができない。

これを利用し、味方が蘇生中や回復中は、その味方に「サイレンス」をぶつけるように放つと、「サイレンス」の中に味方を覆い隠すことができる。

味方にぶつけても、ダメージやスキル封印の効果は適用されない。回復中の味方がいる場合は、意識して味方にサイレンスをぶつけるようにしてみよう。

 

◆おすすめの武器

レヴナントは持っているスキルの性質上、敵陣に自らどんどん攻め込んでいくプレイスタイルが求められる。そのため、サブマシンガンやショットガン等、近距離主体の武器を使うとよい。

スナイパーライフルのような遠距離武器は、レヴナントのスキルが完全に腐ってしまうため、味方と何かしらの連携や意思疎通ができる場合を除き、使わないようにするのが得策だ。

 

 

◆まとめ

奇襲に特化した超攻撃敵スキルを持つレヴナント。立ち回りやシューティング能力のあるプレイヤー向けのキャラであるため、だれにでもオススメできるわけではないが、使いこなせれば戦闘で負けなしの力を得ることができる。

是非練習し、使いこなせるようになろう!

 

では!

秋吉ブログをフォローする